味の濃いおせちは健康に悪いってホント?

日本文化の象徴とも言えるおせち料理。

おせち料理は、色とりどりの縁起物がぎっしりと詰め込まれ、目でも楽しませてくれる日本料理ですよね。

重箱を開けたときに目に飛び込んでくる何十品もの具材は本当に美しいものです。

まさにお祝い料理という感じですよね!

また、おせち料理はお祝い料理らしい見た目や、縁起を担ぐためだけにあるものではありません。

お正月の三が日ぐらいは女性が休めるようにと工夫された機能的な料理でもあります。

そのため、年末から三が日までの期間、傷まず美味しく食べることができるように、味付けも普段の食事とは変えられていますよね。

おせち料理を食べて「甘い」、「しょっぱい」、「味が濃い」と感じたことはありませんか?

実は、甘さを出す砂糖、しょっぱさを出す塩や酢、味の濃さを出す醤油は、昔から保存料として使われてきた調味料。

つまり、砂糖や塩、酢、醤油をふんだんに使うことで、料理の美味しさを長期間維持することができるのです。

しかし、健康に気遣う人にとって気になるのが、おせちの健康効果ではないでしょうか?

味が濃い料理は健康に悪そうなイメージが強いこともあってか、最近ではおせち料理を敬遠してしまう人も多いようです。

でも、実際には健康を害することはありません。

それよりも、身体にとってとても良い効果を発揮してくれるのです。

今回は、おせち料理の代表的な具材である、「黒豆」、「数の子」、「野菜煮物」の健康効果について見てみましょう。

参考にしたサイト–「http://www.2cielesya.com/

Welcome , today is 金曜日, 2014年12月19日